【歩くと疲れやすい‥ それ扁平足かも!?】

私たちの日常生活に欠かせない、歩行。

歩くことは健康保持において、非常に大切なことです。

 

「最近長い時間歩けなくなったな」

「少ししか歩いていないのに疲れてしまう」

そんな方いらっしゃいませんか?

 

それ “扁平足”の可能性があります!!

扁平足は知名度が高い足の変形の一種ですが、原因や予防策などを知らない人も多くいるのではないでしょうか。

 

扁平足とは、、?

・扁平足とは、足の変形の一つであり、多くの人が発症している可能性があります。

扁平足は土踏まずがない状態であり、足の裏全面が地面についてしまうことを示しています。

しかし、扁平足の人全てに悪影響が出てしまうわけではなく、生活に支障がでない場合もあります。

ですが症状が進行していくと足底が支える体重を分散させることができず、歩くだけで痛みが生じてしまったり、疲れやすくなってしまうこともあります。

そのため長時間の歩行や、激しいスポーツなどを快適に行えない状況になりやすいです。

足が浮腫む、疲れやすい、冷えてしまうという方は扁平足の可能性が高いです。

扁平足は決して珍しい病気ではありません。

そのため誰でもなる可能性があります。

また、生活に支障がでておらず 気がつかれてない方もいらっしゃると思います。

 

今回は一番簡単にできる扁平足のセルフチェックをご紹介いたします😊

《 土踏まずがちゃんとあるかを確認することが大事です!

正しい足の状態では床などの上に立つと足の内側に空間ができます

空間が空いていれば正常な状態ですが、全く空間がなく、足裏全面が床に付いているのであれば扁平足の可能性が非常に高いです。》

※ チェックするタイミングはしばらく歩いた後やスポーツ後にチェックすると好ましいです。

いかがでしょうか?

ご自身の足はしっかりと土踏まずがございますか??

 

気付かぬうちに扁平足になっていた方もいらっしゃると思います。

扁平足にならないために、まずは原因を知り対策することが必要です!

 

主な原因を挙げてみます。

・子供の頃などの生活習慣により、足の筋肉や靭帯が未発達

・足の指を使わない、正しくない歩き方をしている

・生活習慣により足の筋力が低下している

・肥満など体重増加によって、足に負担がかかっている

上記以外にも多くの原因がありますが、そのひとつ一つで扁平足が生じる訳ではなく、多くの要因が絡み合って生じることがほとんどです。

 

このような原因を排除するために 生活習慣を変えたり、適切な運動を行うことで、症状が軽快する場合もあります(^^)/

大人の扁平足になると足の痛みがつらく、歩くのもままならなくなることがあります。

また扁平足のために歩く姿勢が悪くなると、身体の他の部分にも負担がかかり、膝や腰などあちこちに支障が出てくることもあります。

足の痛みがある方は、早めに治療に取り組むことをおすすめいたします。︎

ご自身の足はいかがでしたか??

扁平足のお痛みが出る前に、運動不足解消や正しい歩行方法を心がけましょう♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です