【アーチの緩み・・?開張足とは】

足裏に魚の目やたこのトラブルはありませんか?疲れやすい、だるくて重い と感じることはありませんか?

それ “開張足(かいちょうそく)” の可能性があります!

あまり聞かない症状ですよね。しかし馴染みがないだけで、誰にでも発症する可能性がある症状なんです!

まず 開張足とは?

足には3つのアーチがあります。足のアーチは私たちが生活する上で非常に大切な役割を担っています。

この3つのアーチが、しっかりと働くおかげで、私たちは体を支えたり、歩いたり、走ったりすることができます。

そのうちの1つの横アーチが崩れ、足の甲が広がってしまう。つまり、足の指が横に広がってしまうことを 開張足といいます。

似た症状ですと、”扁平足” があります。ちなみに扁平足は 内側縦アーチ というアーチが崩れてしまうことで起こる症状です。
どちらも足のアーチが崩れてしまう症状です。

 

今回は横アーチが崩れ発症する ”開張足” の主な原因3つをお伝えいたします ︎

・足の筋力の低下
・悪い姿勢で歩いている
・衝撃やダメージの蓄積

男性に比べ女性は筋力が弱く、関節が柔らかいので開張足になりやすいです💦
また開張足になると、足裏全体に負担がかかり、足が疲れやすくなります。

そしてこの原因を解消する予防策をお伝えいたしますので、簡単に開張足予防をしてみましょう ︎

・足指ジャンケン

①足の指をすべて丸めるように力を入れて、グーの形を作ります。
②足の親指を伸ばし、その他の指を丸めるように力を入れて、チョキの形を作ります。
③足の指と指の間が開くように力を入れて、パーの形を作ります。
この運動をするだけで、足の筋力の低下を防ぐことができます!

お風呂上がりなどの体が温まっているときにお試しください ︎

 

開張足が原因で、足裏に魚の目やタコがある方も多くいらっしゃると思います。

痛みを我慢せず是非ドクターネイル小田急生田店にお越しください。

一人ひとりに合ったケアをさせていただきます😊 足元からお客様の健康作りをお手伝いしていきたいと思います◎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です