【角質ケアで解決!! かかとのひび割れ】

 

素足になった時にきになるのが  “かかとのひび割れ

なんだかカサカサするな・・・

パックリ割れちゃいそうだな・・・

そんなひび割れ放置していませんか??

冬場の乾燥する時期はなおさらですよね😔

気になって皮が一枚むけるパックを使ったり、ヤスリで削ったりして見ているけど

一時期は良くなっても根本的には治らない。

むしろ以前より硬くなってしまった・・・なんてことありませんか?💦

見た目も悪いし、引っかかるし、ひどくなるとパックリ割れてしまったり…

想像するだけで痛いですよね😱

間違ったセルフケアをしてしまうと、症状を悪化させてしまう原因にもなりかねません。

 

なぜ、かかとの角質はこのようになってしまうのでしょうか?

主な原因は4つあります!

①過剰な刺激

足のうらには全体重の圧が掛かっていて、その刺激から守るために、肌は角質をつくります。

特に働く女性は、ヒールが高い靴を履くことも多く、さらにかかとが圧迫されるので、

ガサガサとしたかかとが出来やすくなります。

また、間違ったセルフケアも過剰な刺激になります。

肌を守る役割もある角質を必要以上に削ったりとってしまうと、必要な皮膚を傷つけてしまったり。

さらに角質が作られ、硬く、厚くなっていく原因に逆になってしまうこともあります。

 

②乾燥

足の裏は顔や体の皮膚と違って、皮脂を分泌する皮脂腺がなく、一方で汗を分泌する汗腺が多い。

つまり油分が出ない分、乾燥しやすいのです。

 

③足の血行が悪い

足の血行が悪いと、栄養分が届かないのでかかとの肌のターンオーバーが上手くいかなくなります。

そうすると角質細胞が溜まっていくことで厚く、硬くなってしまいます。

足の裏は常に刺激を受けるので何もしないとどんどん硬くなっていきます。

 

④特定の病気 (⚠︎水虫・角化症など)

水虫や角化症が原因で、角質が厚くなりひび割れることもあります!

水虫であるかどうかは、病院で角質部分を顕微鏡で見てもらえばわかります。

かかとがゴワゴワした状態が長く続くなど、少しでも違和感があったら病院に行って受診することをオススメします。

 

この4つが主な原因です。

やはり根本的な原因を解決しなければいけないことが、よくわかりますね。

ですがこのくらいの角質なら自分でケアできるんじゃないか?

お店に行くよりもセルフケアの方が手軽で良い。

そういった方もいらっしゃると思います。

セルフケアを一概に悪いとは言えませが、

セルフケアでよく使われている軽石は、日常的に使いすぎると皮膚が強い刺激から保護しようとして余計に硬くなってしまいます💦😣

 

正しい角質ケアとは、むやみに角質をとってしまうのではなく、あくまで余分な角質を取り除くことです。

 

お店では専用のレデューサー(角質専用のやすり)や機械を使いケアさせていただきます。

角質ケアは削ればいいということではなく、余分な角質のみを取り除くことが非常に重要です!

ヒリヒリするまで削ってしまうと、皮膚が刺激を感じ、さらに保護しようと厚く・硬い皮膚を作ってしまいます。

せっかくのセルフケアが逆効果に… なんてこともあります。

少しまだ残っているかな?

このくらいがストップのサインです!!

削りすぎを防止し、適度な角質ケアを心がけましょう!

そして何より、角質をオフした後は保湿をしっかり行うことです🍀

クリームなど、保湿効果の十分高いものを惜しみなく塗ってマッサージしてあげてください😊

先程紹介した主な原因の他にも、職業や生活習慣など実際には解消できない原因も多いと思います。

かかとのひび割れや足裏のタコが気になる方は、ぜひお気軽にドクターネイル 小田急生田店にご相談ください♬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です